コロナ拡大を受けてジェルネイルのオフをおすすめしたい理由

ズバリ、オフをおすすめしたい理由は、ジェルネイルをしていることで”検査も受けられない、正確な数値も測定できない”となったら一刻を争う時に困ると思うからです。マニキュアは除光液で簡単に落とすことができますが、ジェルネイルは簡単に落とせません。

メリットがデメリットになってしまう、そんなお話です。

ネイルが悪!みたいに思われたら・・・と投稿するのを躊躇したんですが、ネイルが好きな方に長く楽しんでいただきたいので、勇気を持って書かせていただきます。

ジェルネイルがなんで問題視されているの?

新型コロナウイルスの影響を受けて、次々とネイルサロンもお休みに入られている中、Instagramやネットの記事でジェルネイルをしていると万が一のときに困るのでは?と話題になっています。

なぜこのように話題になっているのか?をまとめてみると、

  1. ジェルネイルやマニキュアをしているとパルスオキシメーターで正確な酸素飽和度を測ることができない
  2. アートに使うパーツやジェルに含まれる顔料に金属が混ざっているとレントゲンやCT、MRIを撮影するとなった時に検査が受けられない可能性がある
  3. 必要な検査の邪魔になってしまう上に、現場の看護師さんがオフする作業に時間を取られてしまう

このようなことが挙げられるそうです。

緊急時に、必要な処置や検査の妨げになるという可能性が、問題として挙げられている大きなところなんですね。

ジェルネイルやマニキュアをしていることで、必要な数値が測れない。アートに使うパーツや顔料に含まれる金属類や磁気類、ジェルに含まれる金属類の顔料などが影響して、検査を受けられない・・・こういった点を問題視する声が上がってきているのだと思います。

レントゲンやCTの検査を受けるときって、金属類とか身につけていると外すように言われた経験ってありませんか?女性の場合は、下着の金具もNGですよね。

パルスオキシメーターに関しては、指一本だけオフしておけばいいんじゃない?クリアなら大丈夫じゃない?と思いますよね。ですが、数値が測定しにくい場合に他の指で測定される事もありますし、これは妊婦さんに関する記事の引用にはなりますが、

パルスオキシメータは、爪の色を見て測定する器具です。よって、光の通過を妨げるようなものがあると、測定値の信頼度が落ちます。ネイルが透明であれば多分大丈夫だろうとは思いますが、つけないでおくほうが安全です。

参考URL:https://www.buzzfeed.com/jp/hiroshiota/ninpu-yubiwa-nail

ということで、つけないでいるほうが安全とのことなのです。

マニキュアは除光液がコンビニでも売られていたりするので、自分で落とすことも難しくはありませんが、ジェルはそういうわけにもいかないというのは、ジェルネイルをしている方ならばご存知だと思います。

この話題に関しては、賛否あり、いろいろなご意見があるかと思います。一個人のネイリストとして、私はオフをおすすめしたいと思っています。

ネイリストとしてオフをおすすめしたい気持ち

私は出産の時に、妊娠高血圧症候群になってしまい緊急入院の経験があります。入院中は病院によるのかもしれませんが、入院の手引にもネイルは外すことと記載がありました(過去、入院した病院2箇所では少なくても記載ありました)し、検査や手術を伴う場合にジェルネイルやマニキュアが邪魔になるというのはコロナに限った話ではないのです。

もちろん、予定のある入院や、前もってオフをする時間があれば普段どおりネイルを楽しんで頂いても良いと思いますし、ネイルを楽しむのが悪!みたいに思われるようなことにはなってほしくありません。これは本当に切実です。

医療機関が通常の場合であれば、ネイリストが対応できることもあるかもしれませんし、医療現場で適切に処置してもらえると思います。実際に、病院にオフをしに駆けつけたことのあるネイリストさんもいらっしゃいます。


ですが、現在コロナが猛威を奮っています。現場で対応する方々に通常時の余裕はないものと考えますし、ましてや感染のリスクを考えるとネイリストに出張してもらってのオフもないですよね・・・

こうして考えていく中で、このような状況下・・・医療が崩壊しそうなくらいひっ迫した体制で頑張っておられる医師の方や看護師の方々の手間を増やすようなことがあってはならないのでは・・・と、私は思います。

サロンの休業が増えていく中、オフをしてほしくても空いているサロンがない状況に直面されているかもしれません。自分でオフしたことがなければ、キットを購入しても、やる気になれないかもしれません。

でも、私からお願いさせていただけるのであれば。オフしてください。

オフのキットもネットで揃えることもできますし、オフの仕方も有名なネイリストの方々がInstagramやYoutubeで投稿されています。時間を取って、片手ずつでも良いのでオフしてみてください。

ちなみに、自宅でジェルオフリムーバーを使用してオフできるのは”ソークオフジェル””ソフトジェル”を呼ばれる、溶剤で落とせるジェルです。ハードジェルは溶剤で溶かして落とすことはできません・・・地道に削って落としていくことになります。

サロンで使用されているジェルに関しては、サロンごとに違います。

オフのしやすいジェル、密着がしっかりしていてオフがしづらいジェル。フワッと浮くようにジェルが剥がれてくれるジェルもアレば、ボロボロとするジェルもあります。

日頃から、どのようなジェルを使われているかを知ることも、ネイルを安全に長く楽しむポイントだと思います。


このようなことをお伝えすることくらいしかできないのは非常に悔しいですね。ここは千葉県ですが、隣接する東京都の休業要請の具体的なリストに、ネイルサロンも入っています。

入ったということは、それだけ人と人が蜜に接するという業種ということはおわかりいただけると思います。

オフを受け入れることも考えました。

ですが、そうすることでお客様やご家族、そして私の家族を守ることができないほうが悔やんでも悔やみきれません。

今、ネイルができなくてもコロナが収束して落ち着きを取り戻す日が来たら、また楽しむことはできます。それまでどうか、ご自分の健康と安全のためにネイルをお休みするということを考えて頂けら嬉しいです。

ネイリストとして私が思うことは、可愛い、キレイだけのためにネイリストがいるわけじゃなくて、ネイルをする方が安心してネイルを楽しめるように、時には厳しいことも言わせて貰う必要があるのではないかな、ということです。

このような表現が適切か、誤解を招かないか心配ではありますが、どうかご自身や周りでネイルをされている方のためにも、ネイルをオフして欲しい理由を知っておいて頂けたらと思い、投稿をさせていただきました。

コロナが収束して、ネイルが楽しめるようになる時を楽しみに、可愛いサンプルとかたくさん作ります!!だから、今は大変でつらい時期かもしれません一緒に乗り切っていきましょう。

追伸:それでも、どうしてもジェルネイルを楽しみたい・・・という方、セルフネイルをされる方は、ピールオフジェルをベースにしてみてください。ペリっと剥がしてオフができます。通常のジェルよりも持ちが悪くなりますが、いざという時にリムーバーがなくてもオフできます。

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

New

  1. 登録されている記事はございません。

archive

月を選択

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP